FC2ブログ

2021-05

ウェルト交換

グッドイヤー製法のウェルト交換です。

日頃、靴が好きな方でもソールを剥がした状態

しかもウェルトまで分解されたところを目にする事はないと思いますので

ご紹介致します。

20130508_b.jpg

今回はウェルトの縫い代がほとんどない為に交換となりました。

20130508_a.jpg
ウェルトが外された状態です。

穴がポツポツあいていますが

この穴はウェルトを縫い付けていた

糸を抜いた後です。

また同じ穴に糸を通してウェルトを縫い付けます。


20130508_c.jpg
で、これがウェルトを縫い付けた状態です。

グッドイヤーウェルテッドとは

ウェルトをこのように縫い付けてソールを貼り

ウェルトに縫い付けたものをいいます。

昔は靴をつくる際に全て手作業で行われていましたが

近年、ウェルトを縫い付ける機械ができ、

靴作りは機械でウェルトを縫い付ける事が出来ます。

よって、特に手縫いで出来ている靴を「ハンドソーン・ウェルテッド」と言うようになっています。


じゃあ、交換も機械でやれば!


と言いたいでしょうが、交換作業時には機械は使用出来なくなってしまいます。

一度足を通した靴は、縫い付けるリブが寝てしまう為手作業でしか交換が出来ません。

(残念!)


20130508_e.jpg

ソールを接着するとこんな感じです。

実際、ウェルトの縫い付けは単純のようですがちょっとしたコツがいります。

いやらしいですが企業秘密!ってことで。。。

(まぁ、たいしたことではありませんが、、、)


20130508_d.jpg

しっかりと縫い代も出来ましたので、この状態でボトムステッチです。

これは機械で・・・手縫いは勘弁

20130508_f.jpg

きれいにステッチが入りました。

20130508_h.jpg

インサイドアーチも丸コバでシェイプ!

(アウトサイドも丸く落としてあるんです)

ちなみにベベルウェストってのもありますが

これは違います。

20130508_i.jpg

ボトムはパープル(オークバークの場合チョット渋めになってしまう〜)

トップリフトはダイナイトヒールです。(グリップ抜群!)

20130508_g.jpg

アッパーはハイシャインポリッシュで出来上がり!!


たまには分解の写真も新鮮でしょう。

グッドイヤー製法って基本的にこ〜んなかんじで付けられているんです。










● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mokumoku2003.blog.fc2.com/tb.php/250-e08eb4c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

MOKU MOKU

Author:MOKU MOKU
MOKU MOKU WEB SITE

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

未分類 (16)
靴修理 (101)
ケア用品/お手入れ (17)
お知らせ (115)
ひとり言 (7)
散歩 (27)
日記 (103)
買い物 (17)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する